oil

EXTREME ULTRA

SAE:0W-20 API:SP
ILSAC GF-6A LSPI対応

Full Synthetic Motor Oil



高品質ベースオイルと独自の添加剤配合により高い耐久性と優れた省燃費性能を両立。直噴ターボエンジン車やハイブリッドカー、エコカーにお勧めします。
EXTREME ULTRAは、最新のAPI SP規格エンジンオイルです。化学合成ベースオイルに独自の特別な添加剤を配合し、 高耐久性能と省燃費性能を追及したハイスペックオイルです。
直噴ターボエンジンやエコカー・ハイブリッド車に最適です。

特徴

  • 高性能ガソリンエンジン、特に直噴型ターボチャージャー付き車を含む小型高回転型エンジンに最適。
  • 高性能粘度指数向上剤が過酷な条件下での粘度低下および、せん断安定性を高めます。
  • エンジンを清浄に保ち、エンジン磨耗、粘度劣化を大幅に低減。
  • 強酸を中和するTBN 値(7.7)
  • 磨耗防止剤が高負荷が掛かるパーツを保護します。
  • 燃費を改善させます。
  • Chrysler,Ford,GMの保証基準に適合しています。
    Ford(WSS-M2C946-B1), GM(GMW-16182)

代表性状


SAEグレード ASTM試験 0W-20
比重、°API D-287 36.4
引火点、℃ D-92 230
流動点、℃ D-97 -40
粘度  
cSt@ 100℃ D-445 8.2
CCS@-35℃ D-5293 5400
粘度指数 D-2270 159
D-1500 3.0
亜鉛、Wt.%   0.082
リン   0.076
全塩基価(TBN) D-2896 7.7


LSPIとは?

LSPI = Low-Speed Pre-Ignition(ロースピードプレイグニッション)、日本では「低速異常燃焼」や「低速早期着火」等と呼ばれています。直噴エンジン(直噴ターボエンジン)では、低速(Low-Speed)から急にアクセルを踏み込んで加速する際に、エンジン内での燃料やオイルの飛び散りや燃料室内に存在するカーボンの影響によりプラグで着火する前に着火が起こり(Pre-Ignition)、ノッキングのような異常燃焼が起こる現象のことです。
LSPIは1時間の走行で1回程度の頻度で発生すると言われており、最悪の場合はエンジンをにダメージを与える可能性があります。
SP規格に適合するエンジンオイルはLSPIを防止する性能を有しています。


仕様


商品名 エクストリーム ウルトラ (化学合成油)
用途 ガソリンエンジン用
荷姿 ペール缶 18.9L
規格 API SP
ILSAC GF-6A
原産国 アメリカ合衆国




2022 © TASCO Co.ltd. ALL RIGHTS RESERVED