POLO Lubricantsのご紹介

POLO Lubricantsはアメリカ・ロサンゼルスにて1928年に創業され、90年以上の歴史を誇るLSC社(Lubricating Specialties Company)を母体としたAOCLSC社の独自ブランドです。
POLO Lubricantsは世界15カ国以上で展開されており、製造商品数はエンジンオイルやATF、工業用グリースを始めとして1,300種類以上にのぼります。

LSC社

AOCLSC社はAmalie Oli CompanyとLSC社が合併して出来た会社です。AOCLSC社はLSC社の事業を引き継ぎ、世界的規模の石油会社や有名オイルブランドへのOEM供給やアメリカ軍への製品納入をメインに行っています。 年間生産量は3500万ガロン(1億3千万リットル)以上で、4つの生産工場と1箇所の配送センターを有しています。

また現在では、オイル・工業用グリースの生産のみならず軍用(MILSPEC)のスーパークリーンオイルの生産やNASA(アメリカ航空宇宙局)で使用される新たな潤滑剤の開発等の生産活動を行っています。

生産設備の概要

■ ピコリベラ工場
敷地面積…9,180坪
貯蔵タンク…110万ガロン
(416万リットル)
品質管理研究所
ISO 9001:2008認証
ピコリベラ工場

■ バーノン工場
敷地面積・・・6,730坪
貯蔵タンク・・・320万ガロン
(1,173万リットル)
品質管理研究所
ISO 9001:2008認証
バーノン工場

■アズーサ工場
敷地面積・・・6,000坪
貯蔵タンク・・・25万ガロン
(94万リットル)
品質管理研究所
ISO 9001:2008認証
バーノン工場

■配送センター(ピコリベラ)
屋内保管施設…4,000坪
屋外保管施設…4,300坪)
ISO 9001:2008認証
配送センター

品質へのこだわり

POLO Lubricants製品はベースオイルや使用する添加剤の品質・性能に、特にこだわりを持って製造されています。
AOCLSC社は独立したオイル製造会社ですので、親会社やグループ企業等の影響を受けず、製造においてベストな原材料を選択することが出来ます。

また、母体となったLSC社より引き継がれた90年以上に渡るノウハウ・技術が引き継がれており、3つの工場に併設されたそれぞれの研究所では、原材料が規格に適合しているかを調べるために世界最大の民間・非営利の国際標準化・規格設定機関ASTM(アメリカ材料試験協会)のラウンド ロビン試験を行い、ISO規格にて設定された手順により随時品質チェ ックを行っております。
これらの研究所では研究開発に必要とされる試験の殆ど全てを自社で行うことができますので、製品開発や製品の改善に関わる時間の短縮やコストの圧縮に役立っています。
研究所

2022 © TASCO Co.ltd. ALL RIGHTS RESERVED